'100920 【春秋要約;9/20】ワクワク体験を伝えよう #smec

編集後に・・・追記
@getcchiさんの、
“いま春秋読み返しましたが、主張が「家庭で仕事の話をしよう」でないとすると、「私たちは仕事を家庭から遠ざけるようになった」のフレーズが放置されてしまいます。^^;”
から、 “家庭” がキーワードだと感じた。

そうすると、まず私の要約に無意識に “家庭” は盛り込まれて・・・いないか・・・どこで語るべきかは読み取れないか・・・しかし “家庭で伝えよ” と限定的にはせず “家庭でも伝えよ” としたい。“家庭だけで伝えよ” と言う主張とは受け取れないから。あっ、でも “家庭で” は限定的でないか。“家庭だけで”では無いから。

ではどうなるか?

就活状況を見て嘆く年配方は、就活生の求める会社のワクワク感を家庭で彼らに伝えよ。(40文字)

これでよかろう。


----------以下、初回----------

就活状況を見て嘆く年配方は、就活生の求める会社でのワクワク体験を彼らに伝えよ。(39文字)(30分)


引用元記事はココ


背景;
・「就活なんかしたくない」という若者を見て、「甘えている」と嘆く年配者がいる。

背景の切り口;
・ユニクロが今年夏に始めたインターン実習では、活字で読んだ企業情報とは違う、喜怒哀楽の満ちた現場を体感し「感動した」という声が多い。
・就活学生の半数近くが企業インターンに参加したと答えている。
→喜びや興奮の在りかを探す心の表れに違いない

主張;
・そのような人達に「子供がワクワクするような仕事の話を家庭内でしていますか」と問いたい
→会社でのワクワク体験を子供達に伝えよ!!

今回感じたこと;
・主張が早めに登場しているな。
by zums-groove | 2010-09-20 10:33 | 春秋要約