'100927 【春秋要約;9/27】造船なら日本

TL上の皆さんの要約をみて、CO2は今回のキーワードだと気付く。やり直し。

CO2をただ盛り込んでみると・・・
日本政府は、CO2削減が義務付けらた後は日本造船業のその削減技術力を後押しせよ。(38文字)

ほんとにこれでいいのか?確かにCO2削減も言っているが、これではCO2削減が義務付けられた後にのみ、後押し。ってなってしまう。そうじゃなくて、「中国や韓国に押される造船業の活路はやはり技術力」と言っているので、「技術力」重視じゃないか?しかし、CO2削減のアイデアあるのだから、そうか!!その技術力を生かして欲しい!!って読み取れるな。そうすると・・・

日本政府は日本造船業の活路のためCO2削減の義務付けと技術力の後押しに尽力せよ。(40文字)


今回の敗因は、コア語の読み落としから来る背景の読み違いだな。


-----以下初回分-----

中国や韓国に押される日本造船業の歴史ある技術力を、日本政府は後押しし活路を見出せ。(40文字)(25分)


引用元記事はココ


背景;
・造船業で中国や韓国に押されている。

背景の切り口;
・縄文時代より船を繰りなれていたため、その技術吸収力は早く江戸時代の時には大型船を自ら作れるようになっていった。
→歴史ある日本の造船技術

主張;
・日本政府は造船業を後押ししてほしい。

今回感じた事;
・シンプルに抜き取ってみました。簡潔な方が伝わりやすい伝えやすい気がしますが、いかが?
by zums-groove | 2010-09-27 10:43 | 春秋要約