'101025 【春秋要約;10/25】宣伝には日本語を

企業の宣伝文句には消費者の記憶に残りやすいという調査結果の出た簡潔な日本語を使え(40文字)(33分)


引用元記事はココ


主張;
・述語
 身の丈に合った言葉を使おう(→簡潔な日本語を使おう)
・主語
 企業の宣伝文句には

述語の修飾部;
・日本人に身近で記憶に残りやすい
←調査結果から分かる
(逆は・・・・背伸びした表現、つまり英語の乱用は日本人に身近でなく記憶に残りにくい←調査結果から分かる)

背景;
・宣伝文句から消費者が企業名を正しく答えられるかを調べた調査結果の内容

コア語;
・消費者、記憶、宣伝文句、企業、英語の乱用、日本語の美しさや表現の豊かさ、調査

チェック;
・素直さ;宣伝でわざわざ消費者と距離を離すのはもったいない(だから日本語使おう)としました。
・コア語;一部排除
・分かりにくい比喩・表現・省略;無し
・さらなる主張;無し
・ネジレ;無し
・ロジック確認;良し
・指示語;無し
by zums-groove | 2010-10-25 13:52 | 春秋要約