'101101 【春秋要約;10/31】生きる事に懸命なクマ

悪天候重なり山の実り乏しく熊が人里に実りを求めて来るのは当然だから人間が注意せよ(40文字)(27分)

引用元記事はココ


主張;
・述語
 注意が必要だ(→注意せよ)
・主語
 人の側に(→人間が)
 ※「も」と「は」に悩んだが、熊等の動物に対しての「も」ならば主張に盛り込むと不自然だよな。。。

述語の修飾部;
・熊に対して
←栄養を蓄えようと懸命になって、栄養求めて人里に下りてくるのは当然だから
←冬眠に備え栄養を蓄えないといけないのに、山の実り乏しく動物を養う量に足りないから
←天候の悪条件が重なったから
 ※この「当然だから」を使っていいものか、判断に迷いましたが・・・
  熊は懸命であり、降りてくるなと注意しても分からないから、降りてくるのは当然でしょう。
  だから人が注意するしかない。これも当然でしょう。と言うような事かな。。。なんて考えました。

背景;
・クマが人里で柿の木に登る姿が各地で目撃されている

コア語;
・クマ、人、柿、栄養、人里、山の実り、注意

チェック;
・素直さ;主語述語は素直
・コア語;一部省略(ロジック通じるようにしたら、こうなった)
・分かりにくい比喩・表現・省略;無し
・さらなる主張;無し
・ネジレ;無し
・ロジック確認;良し
・指示語;無し
by zums-groove | 2010-11-01 02:10 | 春秋要約