カテゴリ:春秋要約( 142 )

地方の中堅日本を勝たせるため中央から来た新監督に、異国への心遣い・熱意を感じた。(40文字)


春秋要約二回目。コレ考えるのに、30分位かかっている現状。

彼の言った言葉、「じゃあ騎手になるためには馬である経験が必要かい。」は印象的。
どういう経緯で、この言葉が出てきたのか気になる。



tk_ticktackさんのコメント
「何の監督か記載が・・・地方と中央っていう表現は比喩で使っていると思うので、要約だけみると、どこ?ってことになりませんか?」

う~ん。
こういうときこそ、聞き管理だな。
入念に下調べはするが、今 目の前にある真実を最重要視する!!
そして、何の前情報も無い人にも、何の事言ってるのか分かるように伝える!!

今回は、これじゃ何の新監督か分からんわな・・・



'100903 修正を試みる。
日本サッカーの新監督として引っ張られてきた「ザック」に、心遣いと熱意を感じた。(39文字)
by zums-groove | 2010-09-02 12:21 | 春秋要約
編集だいぶ後記;
こういう2文の表現は駄目だったんですね。
まぁそれ以外にも、なんの事言ってんの?っていう文章ではありますが。。。

2文にしては意味がない理由。

なんでか・・・・というと・・・・


秘密ですw


-----以下 要約-----


土壇場でトロイカから一騎打ちへ。国民不在の政治へ、トロイカの悲哀を重ねる国民。(39文字)


引用元記事はココ


いまいちトロイカの持つ 二つの意味、3頭立て挙党体制・悲哀の歌 を理解できなかった。

もともと、トロイカとは“3頭立て馬車”の事らしい。
そして、ロシア民謡トロイカの歌詞は、
1. 走るトロイカひとつ 雪のヴォルガに沿い はやる馬の手綱取る 馭者の歌悲し はやる馬の手綱取る 馭者の歌悲し
2. 何を嘆く若者 たずねる年寄り 何故にお前は悲しむ 悩みはいずこ 何故にお前は悲しむ 悩みはいずこ
3. 去年のことだよおやじ 好きになったのは そこへ地主の奴めが 横槍を入れた そこへ地主の奴めが 横槍を入れた
4. クリスマスも近いに あの娘は嫁に行く 金につられて行くなら ろくな目にあえぬ 金につられて行くなら ろくな目にあえぬ
5. 鞭持つ手で涙を 馭者はおし隠し これでは世も末だと 悲しくつぶやく これでは世も末だと 悲しくつぶやく
(元ネタ;wiki)
このように、雪と失恋を重ねた、悲哀の歌となっている。


'100903 追記
再度、春秋要約指南書を読んでの挑戦!!

民主党は、トロイカだ一騎打ちだと政治を弄ばず、国民と政策の事を真剣に考えて欲しい(40文字)

これでどうだ!!これなら、背景も主張もはっきりしてるのではないだろうか。
by zums-groove | 2010-09-01 11:12 | 春秋要約