<   2010年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

民主党政権は外交情勢が更に悪化せぬように対日圧力をかける中露への感度を研ぎ澄ませ。(40文字)(26分)


引用元記事はココ


背景;
・日本をとりまく外交情勢が悪化している
←民主党政権があたふたしてる間に、中露が対日圧力で声をそろえ、中国はじわりと一歩を踏み出してきた。

主張;
・鬼の耳を敏感にしていると、うかつに相手も近づけない
⇒感度を研ぎ澄ませ

背景の切り口;
・「だるまさんがころんだ」のように、少し気を抜けば、相手に攻め入られる

コア語;
・外交情勢、対日圧力、敏感(早く感じ取る感度)

今回感じた事;
・最終チェックの段階で、何をチェックすればいいのか具体的に理解できていないので、再度考える必要があるな。
by zums-groove | 2010-09-30 14:54 | 春秋要約
なんら特別な事でもないんだが、特別な事にしたいのか、心穏やかでない。


2010年9月30日(木曜日)、私、30歳になります。


2000年9月30日(土曜日)に始まった私の20代、

あの日は・・・何してたかな。

当時の彼女と遊んでいたんだろうか。20歳だもんな。きっとそうだったんだろう。


20歳の時の私は、音楽にのめり込んでいた。学校なんか行かないで音楽だけしていたかった。
せっかく高専なんていう素晴らしい学校に行ったにもかかわらず、専門の機械よりも音楽に興味があった。
友人や先生のお陰で、なんとか無事に卒業は出来たけど。。。感謝してます。飲み会の度に伝えてますw


それから21歳までは、音楽学校に行こうと決心し、親を説得し、フリーターしながらお金を貯めた。
ガソリンスタンドと塾講師、どちらも楽しかった。面白かった。
ガソリンスタンド、深夜に働いていたんだけど、一緒に働いていたおじさんが変態だった事が記憶に鮮明に残っている。特に印象的なのは、森下くるみに会える 濃い イベントに行って、後ろから抱き着こうと飛び掛って警備員に取り押さえられたっていうエピソード。変態だけど、良いおじさんでたまにバターロール奢ってくれたのが嬉しかった。今度、夜中にスタンド行ってみようかな。


そして22歳、神戸の音楽学校へ新聞奨学生しながら通った。
芦屋で新聞配ってたけど、あのマンションを、あの量のチラシが入った新聞持って よう配ってたわ。
にしても、芦屋はほんとお嬢さんだらけ、高級車だらけで驚いた。ベンツとポルシェの間を、ジャージでカブに乗って走り抜けていた。思えば凄い光景やわ。
肝心の学校はというと、家でドラムの練習(with ゴム製のパッド)してたら、下の階に住んでたお坊ちゃんが弁護士連れてきて、家、追い出されて。。。。という感じでした。ごめんなさい。


で23歳、国分のS〇NY(あれ?伏字になってない?)に派遣(製造系)として配属。始めてのクリーンルーム体験。PR工程担当してて、丁度オリンピックかなんかで急に需要が増えて対応が大変だったの覚えている。その後、急速に需要が落ち込み、工場棟無くなっちゃいましたがね。同時に職もなくなりました。(在職6ヶ月)


その後、28歳まで、出水のN〇Cで過ごす。こちらも派遣。但し技術系。
DEとWEの生産技術を担当。SEMや顕微鏡による解析、大量のデータを集計・分析する手法も、この時覚えられた。ここで、少量多品種生産の量産工場の在り方・問題発見・改善方法を多く学ぶ事が出来たのは、貴重な体験であり、嬉しい事だ。(特にQC7つ道具・多変量解析・実験計画法・FTA・FMEAに触れられたのが嬉しい。)たくさんの、良き先輩・後輩に巡りあえたのも非常に嬉しい。いまでも交流してます。・・・で、リーマンショックだ。その煽りで。。。。工場閉鎖になりました。あぁ潰れなければ。。。正社員。。。なんて事は考えない。


そして29歳。ここからは、プロフィールに書いているとおりだ。


振り返ると残念な20代のような。。。。。気はしない。
by zums-groove | 2010-09-30 00:02 | 自己紹介
@tk_ticktackさんの
「さて、筆者は「面白い」って書いてますけど、何が面白いんでしょうか?2人乗りの車、事故防止機能のある車、近距離向けの車。これらは別にあっと驚く珍しいものじゃないですよね?では一体なにが面白いの?」
というTweetより、考えさせられた。

私の要約はあまりにも抽象的だと。最初の要約時には丁寧に( )書きしてる上に、その用語(新車両規格)では聞き手・読み手には伝わりにくい。。。。。。。。う~ん。。。。。。考えれば考えるほど、これは背景の切り口の読み違いだ!!!

そうすると、
「高齢ドライバーの実態に合わせ国と協力して近距離乗用車をつくろうという試み」が「面白い」
という事か。

では・・・

高齢ドライバーの実態に合わせ国と協力して近距離乗用車をつくろうという試みが面白い。でちょうど40文字じゃないかっ。

今日はここまでにしておきます。


今日の教訓、
主張がよく分からない時は、素直になろう。


@BellaGrazia2010さんの、
「知事連合と国が協力の高齢者向け新車両企画は屋根が四葉クローバーのカートなら面白い。」
この段階までいけると、面白いよなぁ。

-----以下初回-----

近距離専用車を作るという試みには高齢ドライバーへの思いやりを感じるので成功を望む。(40文字)(20分)


引用元記事はココ


背景;
・(新車両規格の)近距離専用車を作ろうという試みがある。

主張;
・実現するかどうかは分からないが試みは面白い。
→今後が楽しみだ
→成功を望む

背景の切り口;
・高齢者の車の運転の実態に合わせた。

コア語;
・高齢ドライバー、近距離専用車

今回感じた事;
・今回は主張をどう解釈すればいいのか迷った。「面白いから実現して欲しいな~」という淡い希望と感じたので今回の要約としたが。。。


難しい所だ。
by zums-groove | 2010-09-29 10:17 | 春秋要約
今年の国勢調査結果は、目下の情勢や時代を表す標語の勢いの無さからも大いに不安だ。(40文字)(35分)


引用元記事はココ


背景;
・今年は国勢調査実施年

背景の切り口;
・目下の情勢、標語の勢いの無さ

主張;
・大いに不安だ

コア語;
・国勢調査、勢い、不安

今回感じた事;
・主張を読み取るのに苦労した。「やっぱり勢いが違う?」と「みるまでもなく大いに不安だ。」から『目下からも標語からも今年の国勢調査結果って怖いよね?』と言っているように感じたが。。。私も不安だ。
by zums-groove | 2010-09-28 11:08 | 春秋要約
TL上の皆さんの要約をみて、CO2は今回のキーワードだと気付く。やり直し。

CO2をただ盛り込んでみると・・・
日本政府は、CO2削減が義務付けらた後は日本造船業のその削減技術力を後押しせよ。(38文字)

ほんとにこれでいいのか?確かにCO2削減も言っているが、これではCO2削減が義務付けられた後にのみ、後押し。ってなってしまう。そうじゃなくて、「中国や韓国に押される造船業の活路はやはり技術力」と言っているので、「技術力」重視じゃないか?しかし、CO2削減のアイデアあるのだから、そうか!!その技術力を生かして欲しい!!って読み取れるな。そうすると・・・

日本政府は日本造船業の活路のためCO2削減の義務付けと技術力の後押しに尽力せよ。(40文字)


今回の敗因は、コア語の読み落としから来る背景の読み違いだな。


-----以下初回分-----

中国や韓国に押される日本造船業の歴史ある技術力を、日本政府は後押しし活路を見出せ。(40文字)(25分)


引用元記事はココ


背景;
・造船業で中国や韓国に押されている。

背景の切り口;
・縄文時代より船を繰りなれていたため、その技術吸収力は早く江戸時代の時には大型船を自ら作れるようになっていった。
→歴史ある日本の造船技術

主張;
・日本政府は造船業を後押ししてほしい。

今回感じた事;
・シンプルに抜き取ってみました。簡潔な方が伝わりやすい伝えやすい気がしますが、いかが?
by zums-groove | 2010-09-27 10:43 | 春秋要約
先月の一人気まま旅の途中で、今 最も熱いたこ焼き屋 と言えるたこ阪の店主@otakohanさんよりお借りした本、

知の編集術-発想・思考を生み出す技法/松岡正剛

の内容を、ようやく、なんとなく掴めた。(私には少し難しく感じる本でして、その内容を掴むのに何度か読まなければならず、こんなに日が経ってしまった。)


この本は、 「情報」 を 「われわれにとって必要な情報」=「知」 にするための 「編集」 をさまざまな場面や局面に活かしてみようという 「編集術」 について書かれた入門書と位置づけられている。(入門書なのに私には難しかった。)

難しかったので今回は、もはや このブログのメインとなっている春秋要約と関連付けて読んでみた


まず「要約」というのはこの「編集」の一部であり、「要約」を掴むためには「編集」の概要について知っておいた方が良いと思い、そこについて学習。
編集を学ぶにあたって三つの入り口があるのだが、その一つが「文化」と「文脈」を大切にすること。
文化とは「習慣化された情報文化」であり、文脈とは「会話や出来事や状況に流れている情報的な脈路すべて」。
つまり春秋要約を行う際なら、どのような習慣化された文化を持っている人が書き(読み)、その文章だけでなく現在の社会に流れている情報的な脈路まで何なのかを掴み、それを生かさなければならない。という事だ。
(他二つについても書きたいのですが、ここでは伏せておきますw)

そして「要約」だが、氏は
「要約とは、何らかの必要な情報を絞り込みながら、その情報がもっている特長をできるだけ簡潔に浮き立たせることである。そのために切り捨てる情報と選び取る情報とがはっきりしてこなければならない。」
と言っている。この部分は春秋要約と被っている。
これは最近 要約をやっていて思うことなのだが、今の私の要約に足りないのは「必要な修飾語」ではないだろうか。(他にもいろいろあるとは思うが・・・たとえば主張を読みきれていないとか。。。)

最後に、この稽古方法についても書かれているので、春秋要約時に併用して使えそうなものを幾つか挙げてみる。
キーワード選びの方法
・・・どんどん読み進めながら、自分でこれはキーワードだなと思う言葉を囲んでいく。で、また読み返す。するとキーワードだけでなく、前後の言葉や章句も目に入ってくる。
記号を使って図式化
・・・記号上手はノート上手と言っているが、その前に書かれている「良い図解例の見分け方」が気になった。その見分け方とは、矢印のはっきりしている図解を選ぶという事だ。そしてその矢印の意味が書かれていれば、尚良い。これを選ぶ時に使うんじゃなくて、逆に利用すればいいと思う。

春秋要約と関連付けると、大まかにはこのような感じだが、他にもこの本には、
・編集がどのような場面で生まれ、使われているのか。
・具体的な編集技法。
・要約とは反対に連想する方法。
・これからの編集はどうあるべきか。
等の事が書かれており、私のバイブルとなりそうである。

何度も読んでいけば、何度でも新たな発見ができそうな本であり、今度は実際に購入し、キーワードに丸を付けながら読み進んでいきたい。




購入を検討されたい方はコチラからamazon行けますっ。
知の編集術 (講談社現代新書)
by zums-groove | 2010-09-27 02:30 | 書評・感想
尖閣沖の日中の陣取り合戦では、日本側からは頭を使って勝とうという熱意すら感じない。(40文字)(25分)


引用元記事はココ


背景;
・尖閣沖での船長の身柄をめぐる日中対局では、日本側がひとまず投了した(もうこれ以上攻めないでくれ!と、取り合えず降参した)にも関わらず、中国側は(それに飽き足らず)尖閣領有への布石を打ち続けている。

背景の切り口;
・日本の囲碁界では「内外格差」から来る「世界戦に弱い」という汚名を返上するため、11月のアジア大会に向け、短期決戦方式に慣れたり 代表チームの愛称を公募したりと、熱い意気込みを感じる。

主張;
・日本の国際政治は、頭を使おうという熱意すら感じない。

キーワード;
・尖閣、陣取り合戦、うそ寒い(要解釈)

今回感じた事;
・「うそ寒い」の解釈が難しい所でした。最終目標を見据えて黙々と布石を打ち続ける中国に対し、その目標が狙われている事に気付かず(気付いていたとしても)あっさり投了した日本をみて、その姿勢が「うそ寒い」と言っているのかな。。。と思いました。
・今回より、命令文でなく、筆者が感じている事をよりそのまま表現しようと試みました。
・今回はハッシュタグは外します。できれば要約UP時に同Tweet内で、このアドレスも投稿できるようにしたい。
by zums-groove | 2010-09-26 11:45 | 春秋要約
倫理的な商品を扱う事が、今後の市場とビジネス拡大につながる事を取引の念頭におけ。(40文字)(30分)


引用元記事はココ


背景;
・欧州・米国・日本でエシカル(倫理的という意味;途上国で作られた素材、環境破壊や不当な児童労働・人権侵害・紛争と無縁の物・事)な素材を用いた商品が消費される時代がやってきた。

背景の切り口;
・特になし

主張;
・新興国や途上国の人々が誇りを持って働けるようになる事が、今後の市場拡大・ビジネス拡大に繋がるから、エシカルな取引を心がけよ。

今回感じた事;
・エシカル商品と言っても伝わらないと思い、倫理的な商品と言い換えました。倫理的って抽象的な言葉だけど、人々の心に伝わる言葉だと思います。少しは「倫理的」の説明を入れるべきだったか?
・フェアトレードと似た考え方ね。エシカル中にフェアトレードも含まれるな。
・再度、要約について学習してみよう。
by zums-groove | 2010-09-25 11:18 | 春秋要約
@tatsu_maki_555 さんのご指摘

「有明海は一例と思うので、有明海に限定してしまうのはどうかと感じました。」

より、「生物多様性」 では世界的な危機と言う事を伝えきれない と感じた。先入観は排除。
よく考えると、知識の宝庫 も伝わらないのかも知れない。先入観怖い!
また、この文章構造では、有明海メインと受け取られる事も。。。こっちかっ。
これでは、身近な所だけ・・・って取られてもおかしくない。

では、
知識の宝庫である生物多様性の危機が世界各地で見られており、知恵を絞り守るべきだ。
これなら、有明海限定でなく世界的な危機感が伝わる。

でも身近な所が、疎かになっちまうか。う~ん。

ならば、これでどうだ!!
知識の宝庫である生物多様性の危機が世界でも日本でも見られており知恵を絞り守るべき

また、超詰め込み・・・


----------以下、修正前記事----------


有明海の紅葉の近年の異常は生物多様性の危機を物語っており、知恵を絞り守るべきだ。(40文字)(40分)


引用元記事はココ


背景;
・知識の宝庫「生物多様性」を守ろうと、各国代表の声が国連総会で飛び交った。

背景の切り口;
・有明海の干潟に、例年だと秋になると葉が真っ赤に変色するシチメンソウが群生しているが、今年は変化していない部分が目立つ。さらにその群生地の面積も近年 小さくなってきている。

主張;
・知識の宝庫と言える「生物多様性」は人が知恵を絞って守るべき!!

今回感じた事;
・シチメンソウのような長い単語は、どこかに置き換えた用語がないか、もしくは置き換える用語がないか、探すべきだ。
・シチメンソウってどんなのだ?ココがイメージ掴みやすい。考えていたのとちと違うけど、不思議な光景だな。
by zums-groove | 2010-09-24 14:35 | 春秋要約
日本は尖閣沖の日中の船衝突事故の証拠を、中国が真実を曲げ切る前にひるまず公開せよ(40文字)(35分)


引用元記事はココ


背景;
・尖閣諸島沖の日本領海で起きた、海上保安庁の巡視船と中国業船の衝突事件で、双方(日本側と中国側)の言い分がまるでかみ合わない状況が続いている。
・しかし日本は事件の重要な証拠「体当たりされた際のビデオ」を持っているにもかかわらず、刑事司法の掟を重視し、出せない状態である。

背景の切り口;
・特になし

主張;
・証拠の公開をためらっていると、主張を叫ぶ中国の主張が通りそうで怖いから、ひるまず公開してほしい!!

今回感じた事;
・背景がでかい。こんな要約でいいのか、疑問だ。早い段階でプロの方にお世話になるべき・・・だろうな。
by zums-groove | 2010-09-23 22:51 | 春秋要約