<   2010年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

検察は押収資料改竄容疑で逮捕されたニセの割り屋を覚悟を持って割り、信頼を取り戻せ。(40文字)(30分)


引用元記事はココ


背景;
・鬼検事が押収した資料を改竄した疑いで身内の最高検に逮捕された。

背景の切り口;
・検事の世界でも名人と呼ばれる「割り屋」

主張;
・信頼を取り戻すために、相当の覚悟を持って割り屋を割れ!

今回感じたこと;
・あの人この人~の部分は、今回は修飾部と判断した。
・今回の私の要約、背景の切り口が、あんまり重要視されてない気がしてます。
by zums-groove | 2010-09-22 14:10 | 春秋要約
読書の秋が到来したが、ただ多読するだけでなく良書を続けて二度深く読んでみて欲しい。(40文字)(30分)


引用元記事はココ


背景;
・やっと読書の秋到来。
・考えないで、ただ多読をしているだけの人がいる現状。

背景の切り口;
・ショーペンハウエルの良書「読書について」/(訳;斎藤忍)の中の言葉
 「読書は、他人にものを考えてもらうことである。・・・だから読書の際には、ものを考える苦労はほとんどない。」
 「重要な書物は、いかなるものでも続けて二度読むべきである。」→良書だけを熟読すべし
・木田元さんも、若者には「いい本を読んで、深く感じ、深く考えることを学んで」と呼びかけている。

主張;
・考えない読書でなく、深く考える読書を!!

今回感じたこと;
・「熟読」とひとくくりにすると、「続けて二度」が伝わらないと思った。
・背景と、背景の切り口 どっちがどっちかよく分からなかったが、背景ってのは現状の事かな?って思っているので、「多読者の多い 読書の秋」を選択した。
・「読書について」読んでみたくなった・・・



私、買いますわw(amazonリンク晒しますw)
読書について 他二篇 (岩波文庫)
by zums-groove | 2010-09-21 10:42 | 春秋要約
編集後に・・・追記
@getcchiさんの、
“いま春秋読み返しましたが、主張が「家庭で仕事の話をしよう」でないとすると、「私たちは仕事を家庭から遠ざけるようになった」のフレーズが放置されてしまいます。^^;”
から、 “家庭” がキーワードだと感じた。

そうすると、まず私の要約に無意識に “家庭” は盛り込まれて・・・いないか・・・どこで語るべきかは読み取れないか・・・しかし “家庭で伝えよ” と限定的にはせず “家庭でも伝えよ” としたい。“家庭だけで伝えよ” と言う主張とは受け取れないから。あっ、でも “家庭で” は限定的でないか。“家庭だけで”では無いから。

ではどうなるか?

就活状況を見て嘆く年配方は、就活生の求める会社のワクワク感を家庭で彼らに伝えよ。(40文字)

これでよかろう。


----------以下、初回----------

就活状況を見て嘆く年配方は、就活生の求める会社でのワクワク体験を彼らに伝えよ。(39文字)(30分)


引用元記事はココ


背景;
・「就活なんかしたくない」という若者を見て、「甘えている」と嘆く年配者がいる。

背景の切り口;
・ユニクロが今年夏に始めたインターン実習では、活字で読んだ企業情報とは違う、喜怒哀楽の満ちた現場を体感し「感動した」という声が多い。
・就活学生の半数近くが企業インターンに参加したと答えている。
→喜びや興奮の在りかを探す心の表れに違いない

主張;
・そのような人達に「子供がワクワクするような仕事の話を家庭内でしていますか」と問いたい
→会社でのワクワク体験を子供達に伝えよ!!

今回感じたこと;
・主張が早めに登場しているな。
by zums-groove | 2010-09-20 10:33 | 春秋要約
おじさん世代そっちのけで盛り上がる彼らの青春の街に、もうすぐ定年の彼らを呼び戻せ。(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・不況そっちのけで盛り上がる銀座の街は、女性・ご近所・外国人をターゲット顧客としており、おじさん世代は影が薄い。

背景の切り口;
・銀座は彼らの青春の街とも言え、その青春の街は他の都市にもあるはず。
・そんな彼らがもうすぐ定年を迎える。

主張;
・大人の男を再び街に引っ張り出す挑戦がほしい。
→街で青春を過ごしたおじさん世代がもうすぐ定年を迎えるのに、みすみす見逃すのは勿体無い!!呼び戻せ!!

今回感じたこと;
・筆者の主張が、「大人の男を再び街に引っ張り出す挑戦がほしい」の文に示されているが、その前の「他の都市にもそれぞれの青春の街があるはず。」、「当時二十歳前の人も、そろそろ定年」が強い修飾をしているように感じた。そこをどう要約に盛り込むか悩んだが、うまく全体に散りばめられたと思っている。
by zums-groove | 2010-09-20 01:01 | 春秋要約
改造内閣が発足し、明確な意思表示と、それに伴う行動、続投による指導力に期待したい。(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・官首相率いる改造内閣が発足した

背景の切り口;
・「十字軍物語」の著者、塩野さんは作家とは「こうだと思ったことを、責任を持って明確に書くものだ」と言っている。また、「日本人へ リーダー編」では指導力については「やる」ことより「やりつづける」ことが重要と言っている。

主張;
・政権には、「こうだと思ったことを明確に国民に説明し、責任を持って行動していくこと」を求める。
・指導力については、「やり続ける」ことが出来るようになった官首相に、「やり続ける」事での成長を期待したい。

今回感じたこと;
・背景を今まで読み違えていたかな?と思います。今回のでコツを掴めてれば良いのだが・・・他の人のを見て研究だ!!
by zums-groove | 2010-09-18 12:34 | 春秋要約
航空機に勝とうと出した大阪-鹿児島を4時間切りで結ぶ案に日本鉄道の面白さを感じる。(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・新大阪-鹿児島中央を結ぶ新幹線案に、鉄道か空の便かの分かれ目「4時間」を超えるため、現行案の「さくら」に加え「みずほ」が追加された。

主張;
・移動手段選択の常識を変えようとする日本鉄道は面白い!!

今回感じた事;
・名詞が長くて、どう要約するのか苦しんだ。
・筆者の主張がなかなか読めなかったが、余計な修飾語を省くと見えてくる事に気づけた。


これは、以前「南風録」に載っていたものと少しだけ かぶります。あちらは、「つばめ」について書かれていたか・・・。大阪-鹿児島、いくらで繋がるか楽しみです。
by zums-groove | 2010-09-17 12:56 | 春秋要約
総人口中の若者人口増減でも長寿人率が変化するのだから統計の裏を考える癖を付けよう。(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・人口10万人当たりの100歳以上のお年寄りの数で、常勝沖縄をおしのけ島根がトップになった。これをそのまま「長寿日本一」と受け取っていいものか。。。総人口中の若者人口増減でも長寿人率は変化する。

主張;
・数字と結論の間ですりかえが行われていないか注意しよう。
→統計の裏も取ろう。

今回感じた事;
・最後のくだり、「埼玉の人は~」 のところで、平均寿命については本当に信じれるのかな?って考えさせられたが、今回はそこは盛り込めませんでした。平均寿命の方が、信じれます。
by zums-groove | 2010-09-16 11:40 | 春秋要約
電話営業歴半年(営業歴も半年)の私、今日は、しゃぶしゃぶ肉の営業をしました。

最近の業務は、一般的には“掘り起こし”というのか。

この業務、私、苦手です。獲得率、かなり低いです。


よく、人を説得するには“Yes”を説得したい相手に言わせるなんて事が、色々な本に書かれていますが、具体的にどうするのか悩んでました。営業って難しい。
なんといっても口下手の私でして、営業をやるまではずっと技術畑だったのでデータとグラフ・結論等がしっかりしていれば、口下手でも大概の説得はできてたんですよね。相手は、お客さんじゃなくて上司や現場だったし。

そんな私が、しゃぶしゃぶ肉の案内で、お客様相手に最初の“Yes”を言わせる事が出来た訳で。。。その気付きメモです。今回もまた、隠しながら話すのも面倒なんで、包み隠さず晒します。



最初の“Yes”というのは、「しゃぶしゃぶ肉のご案内です」的な事を言った 次の言葉での“Yes”の事です。

皆さんが、もし、電話営業(一度は当社の商品を購入されているお客様相手)で しゃぶしゃぶ肉をお客様に案内する事になったとしたら、最初の“Yes”を引き出すために、なんて言いますか?


なかなか難しくないですか?
私には難しかったです。


「ご家族で、しゃぶしゃぶ肉を食べる機会って御座いませんか?」
「しゃぶしゃぶ肉、食べたい!!って思いませんか?」
「しゃぶしゃぶを食べたくなる食欲の秋が到来しましたね~!!」
「皆さんで、しゃぶしゃぶ肉、食べられませんか?」
etc・・・


これらは、駄目パターンです。
もちろん、いきなりの商品説明も駄目パターンです。


そこで今回使ってみて、多数のお客様から“Yes”を引き出したのは・・・



「○○様、食欲の秋ですけど、たま~に、しゃぶしゃぶ食べたくなる事って御座いませんか?」



どうです?
「そりゃ、たまにはあるよっ!」 とか 「あ~、あるわっ!」 「あるねっ」
って言いたくなりませんか?(肉嫌いの人以外ならば・・・w)


この
「たま~に」
がポイントです。有るのと無いのでは、反応が全く異なりました。


たったコレだけの事で、その後の話の し易さは別格でした。獲得率も別格でした(いつもの3倍は獲得)。


この気付きはでかい・・・
これを、今後どう活かすかは、まだ分かりませんが、ちょくちょくこの「たま~に」を使ってみようかと思います。
みなさんも、もし、何か説得したい事が出てきたら使ってみて下さい。
まぁ保障はしかねますがね・・・w 責任も取れませんがね・・・w
何かの参考になれば幸いです。
by zums-groove | 2010-09-16 03:17 | 整理整頓
政経両面とも問題山積みで油断ならない状態が続くが首相は政治生命をかけ頑張り抜け。(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・首相は代表選も終わり胸をなで下ろした事だろうが、円高対策や景気てこ入れ・ねじれ国会という問題・課題は山積みであり、安心している暇もなければ、代表選序盤のような元気の無さを見せる暇もない状態が続く。
・信子夫人は、「政治の一寸先は闇だから」と、6月の公邸引越しの際は夏服しか持ち込まなかったらしい。

主張;
・秋に向けて衣替えの準備をしなくちゃ、というところか。
→政治の一寸先は闇だが、覚悟を決めて頑張れ。

今回感じたこと;
・主張が、「政治の一寸先は闇」×「衣替えの準備」であると受け取ったのだが、「衣替えの準備」が何を意味するのか迷った。挙句、「衣替えの準備」は「政治の一寸先は闇」を修飾する言葉と受け取った。つまり、 “その位の期間しか続投出来ないかもしれないが、その位の覚悟をもって、問題解決に尽力せよ!!”というように。 主張を読みきれているか・・・

秋が終わる頃には、景気回復していてほしい。
by zums-groove | 2010-09-15 11:07 | 春秋要約
ガチョーンが受けた高度成長期のように民主党代表選ではショボーンな結果は見たくない。(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・昭和が終わって20年来はショボーンが多く、谷啓さんのガチョーンが受けた高度成長期が懐かしく思える。

主張;
・民主党代表選ではショボーンとしたくない。


あっさりと。。。。
座布団も3枚頂いちゃいましたw
この結果に私自身がガチョ~ンですw

個人的には、ガチョーン 受けるような時代にしたいです。


私と同じ苗字の谷さん、ご冥福をお祈りします。
by zums-groove | 2010-09-14 10:50 | 春秋要約