<   2010年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

この本、私が手に取ったのは・・・ずばり、その本の名前を見て自分の名前で勝負できない!!って思ったから。また、今 私が採っている行動の確認のためにも読んでみようと思いました。

そういうことで、今回の本は、
明日、会社がなくなっても、自分の名前で勝負できますか?/川上徹也


本の中身は、川上氏といえばストーリーですが、そのストーリーを
どう作り上げるか?どう意識し続けるか?どう行動していくか?
というのを、ワークアウトを用いて体感してもらうというもの。

ワークアウト・・・一度、じっくり時間をかけて行わねばならないのですが・・・計画立てて取り組みます!

キーワードは、人を共感させる「志」
思えば、これこそがストーリーなのですね。
これを「キャリア」「スキル」「人脈」と組み合わせると、何よりも大きな力になる。と書かれています。

人を共感させる「志」をあなたは持っていますか?

わたしのは共感させる域にまで達していないです。


本格的ワークアウトは徐々に行うとして、この本の中にある事で今すぐ私に始められるのは、
・1日が終わったら、その日の業務を「仕事」と「作業」に分ける。「仕事」をする時間を増やし、「作業」の時間を少しでも減らす。

・一日の始まりに、今日一日 自分はどんなストーリーの主人公になりたいのかというのを考え、主人公になるために何が必要で何が足りないかを書き出す。そして、毎日家に戻ったら今日一日のストーリーを書き出す。

・自分がモヤモヤと考えていることを、文章化したり言葉にしたりする。

ここから始めてみます。


この本に書いてあるワークアウトいいな。「志」、強く持ちたい。


購入を検討されたい方はコチラからamazon行けますっ。
明日、会社がなくなっても、自分の名前で勝負できますか?
by zums-groove | 2010-09-13 20:51 | 書評・感想
振興銀のペイオフで、1千万円を超える部分の戻らぬ人々を見て、自己責任を認識せよ。(40文字)


引用元記事はココ


ペイオフがいまいち良く分かんない人はココ


背景;
・日本振興銀行にペイオフで預金の一部がカットされる額(1,000万円を超える部分)を預けていた人々が、3500人以上もいた。
・日本振興銀行の経営悪化や木村前会長らの逮捕があったにもかかわらずだ。
・ペイオフ解禁を日本振興銀行が利用していたかどうかは定かではないが・・・あくまで自己責任の下の預金だ。

主張;
・今回の破綻が預金者に自己責任を促す事となるだろう。
・「自己責任を否定する国に将来はない」


今回感じた事;
・木下前会長と預金者への皮肉を強く感じたが、盛り込まなかった。シンプルに最終主張を明確にしたつもり。
by zums-groove | 2010-09-13 00:56 | 春秋要約
日本はオランダの宗教対立に構わずグローバル化を進める姿を見て国富の速度を見直せ。(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・「駐在者センター」にも表れる外国へ開放的な国柄のオランダでは、宗教対立もお構い無しに経済のグローバル化が進んでいる。

主張;
・投資を呼び込み、国を富ます競争に乗り遅れた日本が心配だ。
⇒日本国内のグローバル化をスピードUPせよ。


主張を読み違えてはいないか、心配だ。。。
by zums-groove | 2010-09-11 21:29 | 春秋要約
以前、読んだ本
「買いたい!」のスイッチを押す方法-消費者の心と行動を読み解く/小阪裕司
の中で出てきた言葉 “キービヘイビア(鍵となる行動)” を、今日の業務で体感した。
(以前の記事はココ。)


隠しながら話すのも面倒なのでザックバランに書く。

今日は、石鹸を以前買っていただいたお客様に、定期購入案内の営業をする。というのが業務の一部。
これを電話のみで行う。つまり電話営業。

この本で書かれているのは、主に、POPやDMを用いた方法なのだが、私はコレを電話営業にも応用出来ないか?と考えていた。しかし、考えても考えても 何がキービヘイビアなのか解らないでいた。

このキービヘイビアについて この本では、お客さんに任せておくと、してくれない可能性の高い行動。この行動に対しては、こちらが意識的に、計画的に働きかけて動機付けを行わなければならない。と書かれていた。

ずばり、石鹸の定期購入に繋げるためのキービヘイビアは、お客様の
「あら、もうそろそろ無くなりそうだわっ」という言葉。
この言葉を、お客様の口から言ってもらうように話を進め、そこから定期購入の具体的な案内へと進む。

この事に気付いたのは、何でか?どのタイミングか?と言うと、
積極的にお客様の話を聞いていたら、自然とこの言葉が飛び出してきた。そして案内したら、定期購入に繋がったという訳。その後も、同じような姿勢で臨んだら、すぐにまた・・・

まだ、これ以外にもキービヘイビアは潜んでいるかもしれない(もっと大きなキービヘイビアが潜んでいる可能性もある)が、この気付きはこれからの営業姿勢に大きな変化をもたらす事になるだろう。
by zums-groove | 2010-09-11 03:17 | 整理整頓
40年前の人工知能より中身のない会話の日本通貨当局は、明確な円高対策を早急に示せ。(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・40年前に作られた人工知能イライザの心のない会話でも心安らいだが、現在の日本の通貨当局の会話では心が安らいだが、現在の日本の通貨当局の会話では心が安らがない。

主張;
・政府と日銀の政策の箱は空っぽだと思われても仕方がない。
⇒日本の通貨当局は、明確な円高対策を示せ。
by zums-groove | 2010-09-11 01:42 | 春秋要約
ホメオパシー問題から見れる人々の現代医学への不信感を関係者は責任を持って取り除け。(40文字)


引用元記事はココ

1st
背景;
・植物や鉱物を那由他倍薄めた水をしみこませた砂糖玉を飲ませるホメオパシーなる代替療法で、山口県では新生児が亡くなった。
・日本学術会議は「荒唐無稽」と戒める談話。

考察;
・この代替療法が現代医学を疑う者達にジワジワ浸透しているのは、医療や病院のありようへの不信感が根強いからだろう。

主張;
・人々を不可思議の域に迷い込ませないよう、医学も医療も責任は重い。

2nd
背景;
・荒唐無稽なホメオパシー代替療法

考察;
・医療や病院のありようへの不信感が、浸透の原因ではないか。

主張;
・現代医学関係者は、人々の不信感を取り除け!!


これを更に要約して・・・上記!!
by zums-groove | 2010-09-09 23:27 | 春秋要約
新型耐性菌の育ての親とも言える人間は、子供のアプローチにレスポンスよく対応せよ。(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・ほとんどの抗生物質が効かない新型耐性菌の上陸に1年半も気付かず、今頃になって新型と判明。ずいぶん後手後手の対応である。
・人間たちが抗生物質を使いまくるから生き延びるために抵抗力がつき、いよいよ嫌われる存在にと・・・
・厚生労働省はこれから全国調査・・・

感想;
・変幻自在の相手を前に、いつものお役所仕事ペースがいらだたしい。

主張;
・厚生労働省も病院も、その微生物(細菌)の変化・上陸にレスポンスよい対応をせよ!!

今回感じた事;
・自分の中で意訳しすぎか?
・人間たちの中には私も含まれる。厚労省だけでなく、誰かが気づいたらすぐ対応できる体制を気付いて欲しい。
by zums-groove | 2010-09-08 11:43 | 春秋要約
新卒者採用が多い中、安易に大学入学した学生の中退が増え、社会問題と言える状況だ。(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・大学生の8人に1人(全部で8万人を超す)が中退する現状。
・理由は 学習意欲の喪失、人間関係、不本意入学などだが、その多くは入学前の安易な情報入手しかしていない(現場に触れていない)。
・企業の採用が、新卒一括に偏っている。

主張;
・中退予防はもはや社会問題。社会で考える問題になっている。

今回感じた事;
・主張を伝え切れていない。主張を読み取れていない。
(“社会問題と言える状況だ。”→“社会で考える域に来ている” とすれば良かったか?いや、“社会問題であると知れ。”が良さそうだ。これなら主張がはっきりする。)
つまりは、→新卒者採用が多い中、安易に大学入学した学生の中退が増え、社会問題であると知れ。(40文字)
by zums-groove | 2010-09-07 12:47 | 春秋要約
地域コミュニケーション力の低下が顕在化しており、これからの地域社会に不安を感じる(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・地域コミュニティ税を巡る、負担する・しない の論争。
・お金を出すのも 地域活動に参加するのも嫌 隣は他人で結構 という社会の現状。

主張(今回は、筆者の感じた事);
・地域社会の行方が不安。

今回やってみた事;
・背景を“地域コミュニケーション力の低下"と一まとめにした。
・今回は筆者の感じた事を主張文とした。

失敗しそうになったこと;
・筆者の感じた事を、自分なりに解釈しそうになった。
by zums-groove | 2010-09-06 21:46 | 春秋要約
外交下手の日本はポーツマス講和での先人の行いより、今一度その有り方について学べ。(40文字)


引用元記事はココ


背景;
・9/5をポーツマス講和条約の日と定めた。
・日本は外交下手で、経済がもたついている。

主張;
・この日に、小村寿太郎の知恵「歴史の浅い日本の外交は、誠実さを基本方針として貫くこと。」を学んで、外交に生かし経済を立て直して欲しい。

今回、やってみたこと;
・小村寿太郎→先人 とした。(文字数低減)
・学んで欲しい→学べ とした。(文字数削減、強い意思表明)
・春秋要約指南書を再読した事により、背景と主張を意識。

ちょっと後悔していること;
・行い→知恵 の方が作者の意図が伝わったのかもしれない・・・
by zums-groove | 2010-09-04 12:15 | 春秋要約